スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レザーグローブVS化繊グローブ

 梅雨入り前の5月は、バイクツーリングにはベストシーズンと言えます。そんな中、自分のバイクのエンジンを掛けて、グローブを付けた後の話です。マフラーに付いた油汚れに気付き、それをウエスで拭き取ろうとすると、焦げ臭い臭いが・・・。化繊でできたグローブの指先をマフラーに当てて焦がしてしまった。穴が空く手前で気付いて、ギリギリセーフ。しかし、5年物のグローブを見ると、グローブには焦げた跡だけでなく、所々に素材が硬化したヒビ割れがある。手持ちの装備リストから他のグローブを頭に浮かべると、オフロードレース用ニットグローブ、レザー製レーシンググローブという極端な選択肢しか挙がらない。
 そこで、久しぶりにツーリング用グローブを購入しようかとパーツショップに足を運ぶと、サマーシーズン用からウインターシーズン用までビッシリとグローブが並んでいて、どれにしようか悩みます。こんな時に、みなさんはどんな基準でグローブを選んでいるんでしょうか? まず、好みや乗っているバイクによって、ナイロンをはじめとした化繊グローブ派と、レザーグローブ派に分かれるような気がします。一般的には、オフロードバイクなら化繊、スーパースポーツやアメリカンならレザーグローブといったところでしょうか。ネイキッドユーザーは、どちらの派閥もいるような気がします。両方使った経験のある自分の頭の中では、この2派が政権争いを始めます。
 
スポンサーサイト
プロフィール

OCMac

Author:OCMac
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。